▼ MENU

ホーム > 診療科目 > 歯列矯正

くぼくら歯科の矯正治療

スマート矯正治療

歯並びを治す矯正治療は、歯がどう動くかの予測と成長予測をする必要が有り、歯科治療の中では、最も難しいと思います。

当院では、15年以上に渡る歯科大学の矯正専門科との緊密な協力関係に裏打ちされた、矯正治療を行なっております。

歯列矯正について

歯列矯正の分野は年々材料の進歩もあり、とても弾性の高い形状記憶合金が使えるようになり、矯正中の不快感が少なくなりました。当院ではセラミック製の目立たない器具を直接歯に接着剤で張り付けて矯正治療をします。

kyousei-01.png

歯列矯正治療のステップ

頭部レントゲン

顔立ちと歯並びの関係を調べるために、頭部のレントゲン写真を撮り、標準の値との比較の分析を行います。

歯型をとる

歯型をとって歯の大きさと、歯列の大きさを調べます。

治療計画

ご本人や保護者様と話し合いながら治療計画を立てます。

金具装着

歯に、セラミックまたは金属製の金具を張り付けます。

抜 歯

必要な場合はスペースを確保するために抜歯をします。

ワイヤー取り付け

細いワイヤーから取り付け矯正力を付加していきます。段々と太いワイヤーに交換して歯列を整えます。

調 整

微調整の為にステンレスのワイヤーに種々の曲がりを加えて歯の方向と咬み合わせの調整をします。見た目がだいたい整ったら、咬み合わせを緊密にするために、歯列同士で、ゴムをかけることもあります。

保定床

仕上がったら装置を一時的に一部はずして、歯型を採り、保定床と言う入れ歯の親戚の様な物を作ります。保定床は最低2年位入れておき、歯の位置が固定するのを待ちます。

※上記は、一般的なパターンです(1級の叢生症例)。個々には様々な、アレンジした装置や方法を使うことは言うまでもありません。

矯正治療の時期

個々の症例や性別によって開始時期は異なりますが、各年齢に応じた治療の一般的なケースをあげています。

◆幼児(4~6 歳)

極度の受け口(乳犬歯までが反対に咬合になっている場合)や、左右に大きく顎がずれている場合は矯正治療を開始します。それ以外は経過観察となります。

◆小学校低学年(7~9 歳)

  • 不正が少なく、そこだけ治せば後は、順調に並んできそうな場合。
  • 左右に大きく顎がずれている場合は早めの治療が必要です(歯の上下の真ん中が大きくズレている場合)。
  • ある特定の歯の位置の不正の為に、下顎の運動が阻害されている場合。特に、顎が後ろに押し込まれている場合は、顎関節に影響を及ぼして、顎が痛くなる場合が 有りますので、治療の適応になります。
  • あまりのガチャガチャで既に生えている永久歯の根っこを吸収してしまう恐れの有る場合 学校でイジメに遭う原因となっている様な歯並びの場合。

◆小学校高学年(10~12 歳)

  • 下顎の位置の不正が有る場合(下顎を前に成長させたり、成長を抑制する事がでるので、成長発達のピークの生じる前に 始めるのが原則。女の子の方が1、2年早く始める)。 特に、下顎の位置が後方にある2級咬合の場合は、身長が伸びきる前に治療した方が、身長が伸びきってから治療するよりも、大幅に、矯正治療終了後の仕上がりが美しいです。
  • 左右に大きく顎がずれている場合はとにかく早めの治療が必要です(歯の上下の真ん中が大きくズレている場合)。
  • 歯の生えるのが早い子で抜歯しなければ並びそうにない場合(小臼歯抜歯症例)。
  • 顎を広げる治療により、小臼歯の抜歯を回避できそうな場合。

◆中学生以降

  • ほとんどの場合。
    ただし、顎の位置の不正の場合は、始めるのが遅い場合が有ります。顎の位置の不正を矯正するには、身長が伸びる前が良いです。

◆成人

  • 多くの症例が治療可能です。現在では、50歳でも60歳でも治療をする患者さんがいらっしゃいます。ただし、お子様よりは長く時間がかかります。
  • あまりにも下顎が前後に有るケースでは、病院の口腔外科にて顎を一部切断して、かみ合わせを治す場合も有ります。(外科矯正)
  • 歯周病の治療のために、矯正治療が必要になってくる場合もございます。

矯正治療のデメリット

  • 虫歯を作ってしまう事がある(清掃性が悪くなるため)
  • 歯の根っこが、短くなってしまうことがある(過度な力をかけすぎな時など)
  • 顎の痛みで代表されるような、顎関節症の症状が一時的に起こる事がある(逆に顎関節症を治すこともできます)
お問い合わせ

託児サービス
厚労省より認定されました

診療時間

休診日

日・祝日

calendar.png

掲載本