▼ MENU

ホーム > 診療科目 > 即日完了セラミック治療

最短1日でセラミックの白い歯に

セラミック
ご希望ありませんか

最新の治療法です

最先端の審美歯科治療で、セレックシステムといいます。
これは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムで、通常は歯型を取らないと手に入らないセラミック(補綴物)の歯が型を取らずに手に入るというものです。

短時間で精度の高い歯に

まず、お口の中を3Dのビデオカメラでスキャンし、それを元にしてコンピュータで設計します。

それをミリングマシンという機器が自動的に歯を削り出します。(この削り出しにかかる時間は約12分)

スキャンしたデータを元にしているので精度の高い歯が完成します。また、外部の技工所に委託しないので、安価に、スピーディーに審美治療を行うことができます。

セラミックスと金属の違い

セレックはセラミックスを削るのですが、このセラミックはセメントとしっかり接着することもメリットです。

これで、土台となる歯とセラミックスがセメントによって接合されるので、金属のかぶせもののように外れやすいということがありません。金属はセメントと接合出来ないというデメリットがあるのです。セラミックは、治療した部分から、またムシ歯になる二次う触になりにくいというメリットがあります。

メタルフリーで健康的に

40年以上前からの技術である保険治療である銀歯は、価格が安価であるというメリットはありますが、銀合金等の金属が、歯科材料で使用されているのは、先進国では日本だけと言われ、体に安全とは言い切れなくなっています。

体に優しい素材セラミックは、金属アレルギーの心配がありません。

高品質なセラミックブロックで高耐久!

品質のよい規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。
この治療法は、ヨーロッパやアメリカなど世界中の歯科医院で採用され、15年後の残存率を調べた臨床研究では、通常のセラミック治療が約68%なのに対し、セレック治療は約93%と、とても良い結果が出ています。

治療に必要な時間

治療時間が1本で1時間〜1時間半程度という短さで、即日終了出来るのも大きなメリットです。 仮の歯を作る必要もないので、仮歯の着脱時の痛み、本物を接着時にしみるといった問題も起こりません。

※ただし、前歯の場合(より自然な色のグラデーションに加工する必要があるため)や患者様の症状によっては 1度の通院治療で終わらない場合もございます。

治療の流れ

STEP:1 マイクロスコープによる精密な歯の形成

マイクロスコープ当院の治療は、ドイツ、カールツァイス社のマイクロスコープにて8倍程度に拡大をして行います。よって虫歯等の部分を削る治療も肉眼で歯を削るよりも大幅に精密です。
削りすぎることなく問題のある部分を除去できる高精度の治療をご提供しております。

yazi.png

STEP:2 スキャン(型取り)

sele4_01.jpg歯を削ったあと、3D光学ビデオカメラで口腔内を撮影します。患部を撮影(スキャン)しますので型取りの不快感を味わうことはありません。
わずか数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。
※症例により型取りが必要な場合もあります。

yazi.png

STEP:3 補綴物の設計

コンピュータの3D画面上で修復物を設計します。
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。
設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

yazi.png

STEP: 4 修復物の制作

sele4_03.jpgミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

yazi.png

STEP: 5 口腔内にセット

口腔内にセラミックの補綴物をセットして治療完了です。先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。

これで治療完了となります。

治療費

インレー(一部分の被せもの)クラウン(完全に被せるタイプ)
68.000円(税別)

68.000円(税別)

 

お問い合わせ

託児サービス
厚労省より認定されました

診療時間

休診日

日・祝日

calendar.png

掲載本