▼ MENU

歯科矯正はバランスが大切

投稿日: 2016年2月6日  | カテゴリ: 歯列矯正


歯科矯正を行う時には、歯全体のバランスを考えることも重要です。
そのため、部分矯正よりも全体矯正の方が仕上がりが優れている傾向にあります。
これは、基本的に全体矯正の場合、傾いた歯、出っ張った歯などを正しい位置に戻した後、更に噛み合わせを考慮して全体的なバランスのための矯正が行われるからです。

ピンポイントで歯を動かせるインプラント矯正などであれば別ですが、通常の矯正では特定の歯を移動させようとすると、他の歯も多少は影響を受けてしまいます。
そこで、最終的に全体的なバランス調整とでもいうべき矯正があるのです。

歯は噛み合わせが重要なので、見た目が綺麗に揃っても実際に噛んだ時、どこかに問題があると意味がありません。
ですから、歯科矯正とは悪い歯並びを綺麗にして終了するということではなく、噛み合わせた時のバランスも重要になって来るということなのです。

余談ですが、歯科矯正で歯並びを整えることを動的治療と呼びます。
しかし、歯並びが綺麗になっても歯は元の位置に戻ろうとするため、移動させた歯を定着させる保定という期間が必要になります。
歯の位置を安定させるために必要な保定期間を軽視すると、揃った歯並びがまた悪くなることがあるので注意が必要です。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

歯周病は日本人の多くが発症している、もしくは予備軍であるとされる口内の感染症です。口の中に存在する特定の細菌が炎症を起こし、そのために歯茎が腫れる、出血するといった症状をおこします。進行すると歯を支えている骨を溶かしてしまいますので歯がグラグラし始

歯周病というと、多くの成人した日本人がかかっているとされる病気です。放っておくと歯を失う可能性までありますので、予防や治療がとても重要なのです。ここでは、この歯周病の原因と症状について記しましょう。   ◆歯周病の原因   ◇歯垢、歯石

唾液は殺菌効果があり、虫歯予防に役立つという事はよく知られていますね。 でも、唾液の効果はそれだけではありません。 実は、唾液は若返りホルモンの成分を含んでいて、アンチエイジング効果も期待できるのです。唾液腺の耳下腺というところから分泌されてい


アーカイブ

2021

最新記事

託児サービス
厚労省より認定されました

診療時間

休診日

日・祝日

calendar.png