▼ MENU

乳歯の生え変わり時期と順番やグラついてきた場合について

投稿日: 2016年9月24日  | カテゴリ: その他

今回は乳歯について色々と記していこうと思います。

◆乳歯のグラグラについて

先ず、乳歯がグラグラしてきた場合についてです。様子を見た方がいいのか、抜いた方がいいのか不安になる保護者の方も多いでしょう。あまり抜けないと永久歯が生えて来ないんじゃないのか、永久歯の歯並びに悪影響があるんじゃないのかなどなど、色々な悩みがあると思います。

この乳歯のグラグラですが、直ぐに抜けるものということではありません。永久歯の歯根が作られ始めた時に、乳歯の根が溶け始めてグラグラすることになるのです。ようするに、抜ける準備が始まったということです。後は、適した時期に適した状態で抜け落ちるというのが一般的で、問題なく永久歯に生え変わります。

また、永久歯の歯根がしっかりと出来るまで乳歯が存在していることで、永久歯の生えて来るスペースを確保するという効果もあります。グラグラするのが気になるかと早くから抜いてしまうとスペースが空いてしまい、周囲の歯がそこへ倒れ込んで来てしまいます。そうなると歯並びが悪くなる可能性があるので、ぎりぎりまで乳歯が合った方が良いのです。

また、乳歯を早めに抜いてしまい永久歯が生えて来るのに時間がかかり過ぎてしまう場合、歯のスペースが歯肉で覆われてしまい、永久歯が生えるのに普通よりも時間がかかるという問題も起きます。グラグラしているのに抜けないことを不安に思うかもしれませんが、自然に抜け落ちるのを待った方が良いでしょう。


◆こんな場合は歯医者さんに相談ましょう

しかし、永久歯が既に下から出て来ているのに乳歯が抜けないという場合は、なるべく早く抜けるように少し揺らしてみるというのも一つの方法です。また、永久歯が生えて来ているのに乳歯が抜けない、噛むと痛む、グラグラし過ぎて食事が出来ないといった問題がある時は、歯科医に行くことをお勧めします。そのような場合は、歯科医で抜歯してもらえるでしょう。逆に、永久歯が生えて来ているのに乳歯が全然グラグラしないという時も抜歯が必要になると思います。

乳歯が一定期間グラグラするというのは普通のことなので、問題が起きていなければ抜く必要はないことが殆どです。グラグラしていると気になりますし、多少は生活に不便があるかもしれませんが、トラブルが起きていないのなら自然に抜けるのを待った方が正常に生え変わると思います。


◆生え変わり時期について

その乳歯の生え変わる時期ですが、平均すると6歳頃から始まります。乳歯の奥に『6歳臼歯(第1大臼歯)』が生え始めて、12歳頃になると『12歳臼歯(第2大臼歯)』が生えることで全ての永久歯が生え揃うというのが一般的です。

生え変わりの時期も順番も個人差が大きいので人と違ってもそれほど心配することはありません。尚、一般的には永久歯は女の子の方が男の子よりも早く生えるという傾向があります。


◆生え変わりの順番について

生え変わりの順番は上下の歯で違いがあります。上の歯は6歳頃に第1大臼歯が生え始めて、続いて中切歯、側切歯、第1小臼歯、犬歯、第2小臼歯、第2大臼歯の順番に生えます。

下の歯は第1大臼歯、中切歯、側切歯、犬歯、第1小臼歯、第2小臼歯、第2大臼歯の順番で生えます。
しかし、これはこの順番であることが多いということであり、必ずしも時期は順番がこの通りだということではありません。また、第3大臼歯(親知らず)は生える人、生えない人がいますし、生えるとしても順番は一番最後になります。


◆乳歯と永久歯の違いについて

乳歯と永久歯は大きさだけでなく、色、硬さなども違います。永久歯の方が乳歯よりも黄色っぽいことが多く、硬いです。また、虫歯への抵抗力も高くなっているため、乳歯よりも虫歯のリスクが低下します。でも当然ですが、虫歯にならないわけではないので歯磨きが重要になります。

余談ですが、乳歯の虫歯を放っておいたり、乳歯を早く抜き過ぎて永久歯の生えるスペースが小さくなったりすると、永久歯の虫歯リスクは高くなりますし、歯並びにも影響がありますので注意が必要です。

綺麗な永久歯を生えさせるためには乳歯の頃から虫歯に気をつけてあげることが重要なのです。健康な乳歯こそ、健康な永久歯に必要なことなので、いずれ抜けるものだといい加減に扱ってはいけません。



◆やっぱり定期的な検診と歯のクリーニングを!

3~4ヶ月に1回のペースで定期的な検診と歯のクリーニングを受けていると、かかりつけの歯科医さんが常にお子さまの歯の状態を把握してもらえます。むし歯菌の数を乳歯のうちから低下させておくことは、大人になってから健康な歯を保つために、とても重要です。永久歯になると生え変わることがないため、乳歯の頃から日常的に歯への意識を高くすることをお薦めします。



サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

子どもは常に体を動かしているので、走って転んだり、何かにぶつかったりは日常茶飯事ですよね。もし転んだりぶつかったりして、永久歯が欠けてしまったら、一体どう対処すればいいのでしょうか?   歯が欠けた時には、欠けた歯やその破片などを全て拾って歯医

歯周病は歯肉や歯に悪影響を及ぼすだけではなく、健康をも脅かしますが、妊婦さんにとっても歯周病はリスクがあります。妊婦さんが歯周病になると、早産や低出生体重児の出産を引き起こしてしまう可能性があるのです。   1996年に発表されたアメリカの研究

歯周病も軽度、中度、重度で症状が変わって来ます。ここでは、重度の歯周病について記そうと思います。   重度になると、歯を支えている骨の2/3以上が溶けていると思います。歯周ポケットがとても深くなりますし、歯が相当グラグラし始めます。歯のグラつき


アーカイブ

2018

最新記事

託児サービス
厚労省より認定されました

診療時間

休診日

日・祝日

calendar.png