▼ MENU

ホーム > 親知らずの抜歯

親知らずとは

「親知らず」と呼ばれている歯は、一番奥の歯だと思われていますが、中央の歯から数えて8番目の歯のことを言います。 専門用語では、第三大臼歯と言い、智歯とも呼ばれています。

この親知らずは、20歳前後で生えてきますが、全く生えない人もいれば、1本だけ生える人、4本とも全部生える人などさまざまです。

しかも、他の歯と同じように、きれいにまっすぐ生えてくる人は少なく、多くの場合、一部が歯茎から頭を出して生えたり、斜めに生えています。

これは、私たちの食生活の変化にともない、(消化の良い柔らかいものを食べるようになった)、顔も顎も小さくなり退化したことが原因だと考えられています。

親知らずが原因のトラブル

  • 生え方によって、歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすく、歯磨きが難しく歯肉が腫れたり炎症を起こします。虫歯や歯周病になる可能性が非常に高く、最後は、手前の歯(7番)まで悪影響を与えてしまいます。
  • 頬の粘膜にぶつかることで口内炎をつくってしまう。
  • 噛み合わせに問題を起こし、頭痛や顎関節症、身体全体の歪みを引き起こす。
  • 虫歯で、膿や炎症を起こし痛みがでる。
  • 口臭

上記以外にも、歯の根にまで悪影響が及ぶこともあります。

親知らずを抜歯する必要がある場合

いつ親知らずを抜歯するのか?

生えてきたら、できるだけ早く抜歯するのがベストです。(20歳前後) なぜなら、若い時に抜歯した方が、傷口も早くふさがり、痛みも少なくて済み、骨の回復が良いからです。

逆に、長くそのままにしておくと、親知らずは骨とくっついてしまい抜歯も難しく、その後の回復にも時間がかかり、 負担をかけることになります。年齢が上がれば上がるほど抜歯も大変になり、リスクも増えます。

女性の方は、妊娠前の抜歯をおすすめします。
妊娠中は、口腔内環境が変化するため親知らずが虫歯や歯周病になりやすく、痛み始めてから治療といっても、手術や薬剤などに制限があり、通常の治療ができない可能性があります。やはり、妊娠前に抜いておくのが最善でしょう。

親知らずの抜歯にかかる費用・料金

保険が適用となりますので、状況にもよりますが、ご負担額は、おおよそ●,●●●〜●,●●●円となります。

抜いた後の痛み・腫れ

当院の医師が、最高の設備と技術で手術を行います。
しっかりと丁寧に治療すれば、痛みや腫れに悩まされることもありません。
ただ、麻酔が切れたときには、痛むことがあります。
当院では、翌日や翌々日もケアを行いますので、痛みや腫れが収まらないということはありません。

手術の方法、手術当日の流れ、手術後や抜糸については、事前にご説明いたします。
ご心配なことがあれば、遠慮なくご質問ください。
不安な気持ちを解消し、ご納得いただいた上で、治療を始めます。

手術後に気をつけること

どのくらいで治る?

約1週間ほどで治ってきます。
痛みや腫れも、少しずつ治まっていきます。
完全に傷口がふさがるには、時間がかかります。数か月はかかると思ってください。

1週間経っても痛みが治まらず、強くなるように感じた時は、すぐにご連絡ください。
ドライソケットなどが考えられます。

ドライソケットとは?

抜歯によってできた穴に、血の塊ができて治っていきますが、うがいをしすぎたりすることで、 取れて流れてしまい、そのままの状態になっているとドライソケットになります。
その場合は、処置が必要となります。

親知らずは抜かないとダメなのでしょうか?残すことは出来ますか?

口腔内を診察しないとはっきりしたことは言えませんが、残すことが可能な場合もあります。
抜歯になる方が多い傾向にありますが、後々、むし歯や歯周病、歯並びに悪い影響を与えないと考えられる場合は、残すという選択肢もあります。レントゲンなど詳しく診察した後、ご説明させていただきます。

お問い合わせ

託児サービス
厚労省より認定されました

診療時間

休診日

日・祝日

calendar.png

スタッフブログ子供専門歯科医院 都筑キッズ 横浜市横浜インプラントの小机歯科ハーバード大学ミシガン大学ICOI掲載本