▼ MENU

ホーム > ジルコニア乳歯冠

乳歯治療に必要な乳歯冠とは

子どもが虫歯になった。 歯医者さんに診てもらわなくちゃ。 でも泣いたり嫌がって暴れないかな…。

まだ小さなお子さまを抱える親御様には、いつでもこんな心配がつきまといます。 また、お子さまの体質などによって、安全・安心な環境や器具、素材を使って治療をしてほしいという願いもありますね。

当院では、そんな声にもしっかり対応します。

お子さまの大きな虫歯を治療する場合には、何度も何度も通院したり、再治療する可能性が少ないことも考慮したいところ。 また治療中、嫌がって動いてしまったり、型を取るのも困難です。 それが解決できるのが『乳歯冠(にゅうしかん)』です。

乳歯冠とは、その名のとおり、乳歯専用の冠=被せものです。 部位を選ばず全ての乳歯を治療できますし、欠けたり削れてしまう心配も極めて低いのです。 現代の小児歯科医療において最善の治療法のひとつといえるでしょう。

これまで多く用いられてきたレジンという素材は、乳歯冠に比べると、どうしても強度が足りないため、割れたり欠けやすいという欠点があります。

そもそも乳歯は永久歯に比べ軟らかくて高さがありません。 これらを守りながら治療するためには、乳歯冠はまさに頼りになる存在です。

お子さまにとっては、ただでさえ苦痛を感じやすい歯医者さんでの治療。 大人でもあの歯を削る際の金属音が苦手で怖いという人がいるくらいです。 小さな子ならなおさらでしょう。

また乳歯というものは、いくら虫歯になったとしても、生え変わりの時が来るまで大切に守ることが必須です。 理由は、先々の歯並びなどにも関わるからです。これが外れやすい、欠けやすい素材で治療をしたのでは万が一の際に歯が移動して、その歯並びに大きな影響を及ぼします。 乳歯冠を用いればこの心配も避けられます。

削る時には怖い音がしたり、痛かったり、ドロリとした液剤を小さなお口の中に入れて 型を取る行為は苦痛でしかありません。 全身麻酔も現在の日本では使うことができないので、経験と技術が必要です。

治療する歯科医師も相当なテクニックを要求される中で、この乳歯冠はとても有効な治療法なのです。

不安と隣り合わせ?これまでの金属製素材

これまでの乳歯冠は、金属製が主流でした。 しかし金属アレルギーを心配する親御様からの声や質問が非常に多かったのも事実です。

結論からいいますと、小児の歯科治療で用いられる金属でアレルギーが発症する可能性はほとんど心配ないと言えるでしょう。 実際に起こる確率はほんのわずかという調査報告もあり、金属の乳歯冠にしたために、ただちに異常が表れるということも殆どありません。 しかしながら、可能性がゼロではないところに不安を覚える親御様もおられることでしょう。

具体的にアレルギーを起こす可能性のある金属素材とは、「ニッケル」や「クロム」といったものです。 これらはステンレス製の金属であることから、虫歯の予防で使用するフッ素によって溶ける可能性が僅かながら認められることも。 それがアレルギーを引き起こす一端となると考えられています。

また乳歯はいずれ必ず抜け落ちるため、保険のきかない素材を使用するよりも、いわゆる「銀歯」でも充分だと判断されることが多くあります。 しかし金属製素材の欠点としては、比較的やわらかく薄いので、咬耗(こうもう=咬み癖等によるすり減り)が原因で穿孔(せんこう=穴があくこと)する恐れもあります。 また見た目も白色ではない為、審美的ではないという点も否めません。

新しい!丈夫!美しい! ジルコニア乳歯冠

金属アレルギーの心配が一切なくて、見た目にもいいもの。 当院がそれを追求した結果、最先端の「ジルコニア製の乳歯冠」にたどり着きました。

アメリカで出会ったこのジルコニア乳歯冠とは、白いダイヤモンドとよばれるほど。頑丈で審美的にも優れており、自然な透明感があります。 まだ日本でも導入されている歯科医院は極めて少ない(日本初?)この素材を私たちは開発者からしっかりとレクチャーを受け、治療に取り入れています。

ポイントは、その強度と審美性です。また身体に負担がないことも見逃せません。 レジンとは比較にならないほどに強く、乳歯には永久歯のような“高さ”がない上に被せものや詰めものが“外れやすい”という欠点も補ってくれます。

これまでありがちだった再治療の可能性も格段に低く、白くて美しい。 耐熱や耐久性にも優れていて、劣化や変色も防いでくれます。 品質が良くて金属アレルギーの心配もない、メリットの高い治療なのです。

もちろん、金属製の乳歯冠においても簡単な治療というわけではりません。 ラバーダムというゴム製のシートを装着して、お口の中を無菌状態にしお子さまの患部における環境を整えてから治療開始します。 同じように、ジルコニア製の乳歯冠を用いる場合も、必ずこのラバーダムを使用して、もしも泣いてしまったり動いてしまっても安全な治療ができる環境を提供します。

このように、当院の小児歯科の治療は、お子さまのメンタル面も大切に考えながら、少しでも苦痛を軽減し、健康な歯を取り戻してくれることを第一に考えます。 高度なテクニックと経験を持つ専門医たちで一丸となり、今日も信頼される治療ができるよう努めています。

ジルコニア乳歯冠の費用

審美的な面やアレルギーが気になるお子さまに安心して使用することができるというメリットで選択できるこのジルコニア製の乳歯冠は、現段階の日本では保険が適用されません。

そのため、ジルコニア製乳歯冠のおおよその費用は48,000円(税別)現在は【期間限定価格】39,500円(税別)です。

金属製の乳歯冠にすることにさまざまな懸念がある場合は、ぜひともこのジルコニア製の乳歯冠をお勧めしたいと思います。

お問い合わせ

託児サービス
厚労省より認定されました

診療時間

休診日

日・祝日

calendar.png

スタッフブログ子供専門歯科医院 都筑キッズ 横浜市横浜インプラントの小机歯科ハーバード大学ミシガン大学ICOI掲載本