▼ MENU

歯周病と早産の可能性について

投稿日: 2017年2月12日  | カテゴリ: その他

歯周病は歯肉や歯に悪影響を及ぼすだけではなく、健康をも脅かしますが、妊婦さんにとっても歯周病はリスクがあります。妊婦さんが歯周病になると、早産や低出生体重児の出産を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

1996年に発表されたアメリカの研究報告によると、妊娠37週未満で生まれた早産や、2500グラム以下の低出生体重児の出産を経験した妊婦さんたちの多くに、歯周病の進行が見られたそうです。早産や低出生体重児の出産は、喫煙や妊婦さんの年齢とも関わりがありますが、それよりも7.5倍も歯周病の要因は高く、初産の場合は特に8倍と、かなり高リスクである事が分かっています。
歯周病がそれほどまでに早産や低出生体重児の出産に関係しているというのは驚くべき事実ですが、歯周病は一体どのようにしてお腹にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼしているのでしょうか?


プロスタグランディンという物質の分泌が高まると陣痛が起きますが、そのプロスタグランディンの分泌を促進させるのが、炎症によって増殖するサイトカインという生理活性物質です。歯周病学専門の和泉雄一先生によると、細菌が膣から子宮や胎盤に侵入したり、母体の血液に侵入して絨毛膜や羊膜などに炎症が起きてしまうと、早産になってしまうそうです。炎症を起こすとサイトカインが増え、それが刺激となってプロスタグランディンが分泌され、子宮収縮が起きるというわけです。

細菌によって炎症が起きている状態の歯周病も同様です。歯周病がひどくなってくると、血液中にあるサイトカインも増えますが、このサイトカインが増えれば増えるほど、陣痛、出産を引き起こしやすくなります。


こうしたリスクをなくすためにも、歯周病はできるだけ早く治療するようにしましょう。妊娠中はつわりで気分が悪くなったり、ホルモンバランスが変化して虫歯ができやすい状態になるので、妊娠する前に治療しておいた方がいいでしょう。
 

また、歯周病にならないよう、普段からしっかりと歯や歯茎をケアするように心がけ、年に数回は、歯科衛生士によるプロフェッショナルケア(歯石除去・バイオフィルム除去)を受けましょう。

 

この記事の関連記事

【歯周病と血糖値の関係とは?!】糖尿病と歯周病・・・一見するとこの2つにはまるで関係がないように思えますが、実はとても不思議な繋がりがあります。というのも、歯周病で糖尿病を患っている人は多く、歯周病ではない人に比べると2倍もその羅患率は高くなってい

歯の治療時に使用する素材として、現在は銀歯ではなくセラミックを選択する人が増えています。セラミックの場合、保険が適用されませんので銀歯よりも高価になるのが難点ですが、それでもセラミックにすることのメリットがあると考える人が多いということでしょう。

  歯の健康を守るためには、歯医者さんに定期的に通う必要がありますが、どうして歯の定期健診って必要なのでしょうか?電動歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなど、歯をケアできるアイテムでセルフケアしているだけでは不十分なのでしょうか?   セル


アーカイブ

2016

最新記事